記事一覧

どのような品がいいか

赤ちゃん用品

立場によって変える

出産祝いを贈る場合には、どのような商品がいいのか悩むところです。自分が過去に出産をしている場合にはどのようなものが贈られてきたか経験があるため、おおよそ見当がつきますが、まだ独身の人や過去に子供を産んだけども長い時間が経過してしまっている場合には、何をあげたらいいのかわからないはずです。どのような出産祝いを贈るかは、立場によって変えることが重要になります。例えば、親の立場として自分の子供が赤ちゃんを出産した場合には、ある程度高価なものを贈っても問題ないはずです。よくある品は、子育てに必要不可欠なベビーベッドやベビーカーになります。どちらも数万円はしますので、買ってあげたほうが本人たちも喜ぶに違いありません。もちろん、出産祝いを贈る場合には、その内容を確認しておくことが必要です。仮に相手の両親が同じ内容の出産祝いを送ってしまった場合にはベビーカーやベビーベッドがふたつになってしまい、逆に迷惑がられる可能性があります。会社の同僚や友人が出産祝いを贈る場合は、それほど値段の高いものでなくても問題ありません。基本的に、もらった側は内祝いを贈りますが、内祝いの金額は出産祝いの品の半額程度です。ベビーベッドやベビーカーを贈った場合、半額と言ってもかなりの負担になってしまうことが考えられるでしょう。ちなみに、両親から出産祝いをもらってもお返しをしない場合も多いです。両親は、自分の子供からのお返しを期待しない上に子供達が負担になるのを避けようとするからです。同僚や友人の場合は、おむつケーキなどのようにそれほど高くなく消費するものがいいでしょう。