大切に使おう

いくつかの要点を覚えておこう

普段から自動で外付けhddが認識されるため、接続したときに認識しないと不安になります。そこで、認識しない時にいくつかの部分を確認してみましょう。 まず、外付けhdd本体に付いている電源を確認することです。hdd自体に電源が入っていないと端末と接続しても認識されません。 次にUSBの接続です。接続しているのに、端末で認識していない場合があります。その時はもう一度USB等を端末から外し、再接続してみましょう。 認識しない原因は様々です。まずは、外付けhddの状態を見てみましょう。

故障しないように

外付けhdd等は端末と接続している状態で使用します。その時に使い終わったからと電源を突然切ったり、突然USB等を外したりすることがあると思います。そのようなことをすると故障の原因になります。外すときはパソコンからUSB等を外し、外付けhddの電源を切るようにしましょう。 また、接続時に認識に時間がかかる場合があります。それは外付けhddの中身が多いことも原因の一つです。中身をこまめに消すことで、読み込みが早くなります。読み込みが遅いだけで、認識しないと勘違いすることもあります。しかし、故障ではないので、むやみに取り外をしたりしないようにしましょう。 端末と接続してもすぐに認識しないことは多いです。接続してから数分は待ってみるようにしてはいかがでしょうか。