雛人形

飾りやすいものを選ぶ

女の子が産まれた場合には家族が雛人形をお祝いとしてプレゼントする習慣があり、どのようなタイプの雛人形が欲しいのかあらかじめ相談して購入すると贈りやすくなります。飾るスペースが少ないマンションに対応しているサイズもあり好評です。

詳しく見る

記事一覧

女の子

大切な子どもに贈るために

今現在では、高めの女の子用ランドセルも中にはあり、フルオーダー品やブランド品だと、100000円近くかかるランドセルがあります。その一方、昔から人気を誇る、シンプル派のランドセルですが、30000円台で購入できる安い値段になっています。

詳しく見る

赤ちゃん用品

どのような品がいいか

出産祝いを渡す時には、渡す人の立場により選ぶ品も異なります。両親が贈る出産祝いならば、ベビーカーなどのある程度高価なものでも問題ありません。一方で、同僚や友人の場合は消費できるおむつケーキなどがよいでしょう。

詳しく見る

ランドセル

丈夫で長持ちする

牛革のランドセルは、多少重さはありますが、耐久性に富んでいて丈夫なのが特徴です。使えば使うほどなじんできてしっとりとします。ただし、水に弱いので乾いた布で拭いたり、クリームなどを塗ってお手入れすることが必要です。

詳しく見る

雛人形

職人の手仕事を愛でる

雛人形を選ぶ時は、まず人形のお顔をじっくりと見て、心に響くものを選ぶのが一番です。京雛と江戸雛とではお顔立ちも違いますので、気に入るお顔を選びましょう。その上で、塗りの仕上げや手足の作りなど、細かい部分を観察すると良いでしょう。

詳しく見る

子供に一番良いものを

子供

軽くて丈夫なものが一番

小学校の入学の前に、子供にプレゼントするランドセルはどのようなものが良いのでしょう。ランドセルは、子供に負担が掛からないこと、また長持ちすることが大切ですから、軽くて丈夫なものが良いでしょう。しかし、カタログを見ると、どれも軽くて丈夫と書いてあるので、本当はどれが良いのかなかなか判断がつきません。一般的には、人工皮革のものはとても軽量で、牛革のような天然皮革のものは耐久性が高いと言われています。しかし、最近は天然皮革の軽量化の技術が大分進んでいますので、実際には、天然皮革のものでも、人工皮革のものと殆ど同じ程度の軽さを実現しているものがあります。一方、耐久性においては、やはり、天然皮革が人工皮革よりも勝っています。ですから、天然皮革のものの中から軽量なものを選べば失敗は無いようです。ランドセル用の天然皮革には、馬の尻のところから取れるコードバンという革と牛革の二種類があります。コードバンはキメが細かく深い色合いの非常に良質な革ですが、限られた量しか取れないので価格が高く、値段のことも考えると牛革のランドセルが、一番バランスが取れていると言えるでしょう。また、肩ベルトに特殊な工夫を加えて、背負ったときに子供の身体にピッタリとフィットして、重さを余り感じさせないタイプのランドセルもあります。成長期の子供の身体の事を考えるとそういう機能を持ったものはとても良いですね。ランドセルは、牛革を使った軽量タイプのもので、更に、体にフィットする機能の付いたものの中から選べば間違いがありません。その上で、様々な装飾やカラーバリエーションの中から、子供の感性を満たしてくれるものを探していけば、それが最高のランドセルということになるでしょう。愛しの我が子の晴れ姿が見れるはずです。

PICK UP

雛人形

飾りやすいものを選ぶ

女の子が産まれた場合には家族が雛人形をお祝いとしてプレゼントする習慣があり、どのようなタイプの雛人形が欲しいのかあらかじめ相談して購入すると贈りやすくなります。飾るスペースが少ないマンションに対応しているサイズもあり好評です。

詳しく見る

女の子

大切な子どもに贈るために

今現在では、高めの女の子用ランドセルも中にはあり、フルオーダー品やブランド品だと、100000円近くかかるランドセルがあります。その一方、昔から人気を誇る、シンプル派のランドセルですが、30000円台で購入できる安い値段になっています。

詳しく見る

赤ちゃん用品

どのような品がいいか

出産祝いを渡す時には、渡す人の立場により選ぶ品も異なります。両親が贈る出産祝いならば、ベビーカーなどのある程度高価なものでも問題ありません。一方で、同僚や友人の場合は消費できるおむつケーキなどがよいでしょう。

詳しく見る

ランドセル

丈夫で長持ちする

牛革のランドセルは、多少重さはありますが、耐久性に富んでいて丈夫なのが特徴です。使えば使うほどなじんできてしっとりとします。ただし、水に弱いので乾いた布で拭いたり、クリームなどを塗ってお手入れすることが必要です。

詳しく見る

雛人形

職人の手仕事を愛でる

雛人形を選ぶ時は、まず人形のお顔をじっくりと見て、心に響くものを選ぶのが一番です。京雛と江戸雛とではお顔立ちも違いますので、気に入るお顔を選びましょう。その上で、塗りの仕上げや手足の作りなど、細かい部分を観察すると良いでしょう。

詳しく見る